どのような種類があるか

男女

ケアマネの資格を取得している人が、就職をする場合や転職をする場合には、求人サイトにお世話になることやハローワークにお世話になるケースもあるでしょう。それぞれの種類の違いを見ていくと、まず求人サイトの場合には、基本的に専門的な知識を持った人が集まる傾向にあります。そのため、競争倍率が激しくなりやすいでしょう。その一方で、様々なケアがあるためそれを積極的に利用してみても良いかもしれません。例えば、求人サイトならば、アドバイザーと呼ばれる人がいます。アドバイザーを利用する場合には、無料でできるパターンもありますがお金がかかるケースもあります。一方でハローワークに関しては、そのような人はいませんが、比較的気軽に求人を探すことができます。

会社選びを考えよう

手

ケアマネとして求人を探す場合には、いくつかの会社に申し込みをするはずです。最初から特定の会社しか申し込まない人は少ないです。もちろんその考え方でも良いですが、基本的にはよく調べて申し込みをしておくことが重要になります。ケアマネの求人に関しては、よく比較をすることが重要になりますが、会社の選び方としては、どのような理念があるかを考えることが必要です。ただ、理念も重要ですが、それ以上に重要になるのは働く環境になります。スタッフに優しいところがあれば、厳しいところもあるでしょう。会社の大きさが大きければ人事に対する対応の仕方が優しいとも限らず、小さければ厳しいとも限りません。まずは、働いている人の話を聞いてから申し込む必要があるでしょう。

実際に面接で選ぶ

女性

求人広告を見ても、ケアマネの実態がわかるわけではありません。働きはじめてから、求人内容と違うケースも多いからです。そこで、求人内容と実際の職場が違わないように事前に調査をしておきたいところです。1つの方法があるとすれば、直接そこに勤務している人から話を聞くことです。もし自分の知り合いに勤務している人がいれば、丁寧に教えてくれる可能性があります。少なくとも、そこで嘘をつく事はないでしょう。ただ、大げさに話す人もいるため、100%鵜呑みにするのは危険です。おおよその会社の様子だけわかれば充分といえます。もう一つは、実際に面接に行きいろいろと尋ねてみると良いかもしれません。尋ねてみたとき、担当者が答えられないようなケースもあります。あるいは、少し意地悪な会社もあるためそのようなところは避けましょう。わざと答えにくい質問をするようなところは、仕事をし始めてからも、何か問題が生じるたびに重箱の隅をつつくような感じになるはずです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中